FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

合格者壮行会ラッシュ!

合格通知を受け取り、やっとMBAになれる!これからはTOEFLもGMATも勉強しなくていい!自由の身だ!そう思っている時に訪れる合格者壮行会ラッシュ。

全てが終わった~!と気を抜いている時に訪れるので、次から次へと届く招待に焦ってバタバタしてた印象が強いです。同期留学生がぼちぼち出国を始める6月下旬になってやっと落ち着いた印象はあるものの5月中旬からの1ヶ月はそれ中心に生活が動いた気がしていますね。

合格者壮行会は大きく分けて

1. 一度に数社が集まるジョブフェア形式のもの
2. 企業主催の壮行会
3. 予備校等が主催する純粋な祝賀会

の3つのタイプがあり、3.の予備校等が主催する純粋な祝賀会以外は企業のMBA採用担当や、社員の方々と接する場となります。つまり単に合格を祝ってもらうだけではなく、企業にしてみれば採用活動の、MBA生にしてみれば就職活動の側面も持つ、心の底からは楽しめない会なんです(笑)


1. 一度に数社が集まるジョブフェア形式のもの

これに関して言えばMBA生をターゲットにしたものは2013年はαリーダーズ、キャリアインキュベーション、アクシアム各社主催の3つの会が行われています(2013年)。

4月末に開催されたαリーダーズの会を皮切りに壮行会ラッシュになる訳ですが、仮に企業個別の壮行会に行けなくてもこの3回は参加しておいたほうがいいのではないかと思います。個別壮行会を開くほとんどの企業とはここでコンタクトをとれますし、この場で個別の壮行会の案内を頂くこともあります(または後日案内のメールを頂ける)。是非、積極的に参加してほしいと思います。


2. 企業主催の壮行会

文字通り、企業が主催する壮行会です。

会では実際にその企業で勤務されているMBAホルダーの方々のお話を伺うことができ、キャリアの長い方からは卒業後にどのようなキャリアを積んで今の職位にいらっしゃるのか?年齢の近いホルダーの方からはMBA生活についてや何故その会社を選んだのか?といった話をお伺う事が出来ます。多いところではMBA生2人に対して社員の方が1人くらいの割合でいらしていたりするので個別にじっくりとお話をお伺いする事も出来ました。

2013年は自分が把握している限りではコンサルが8社、IB系4社、事業会社3社の計15社が行ってます。もちろんこれが全てではないでしょうし、日程が被っている場合もありますから全部参加する事は不可能です。しかし、これがわずか1ヶ月足らずの間に行われるのでスケジュール的にはいずれにせよタイトですよね。。。


3. 予備校等が主催する純粋な祝賀会

予備校が主催する場合もあれば、MBA生が企画するのもあり。純粋に楽しめます(笑)


壮行会招待のメールは5月初旬頃から送られてきて、中旬頃から実際に壮行会がスタートします。それまでに可能であれば名刺とレジュメの用意と業界研究はしておいたほうがいいかもしれないですね。

名刺に関してはもちろん所属する会社のものもあるかと思いますが、私費留学生はすぐにその連絡先が使えなくなってしまうので、私は自作の名刺(進学先、前職、連絡先を記載)を用意してました。たまたまデザイン関係の仕事をしている友人がいた事もあり、デザインをお願いできたのですが、その名刺は『もう大学から名刺をもらったんですか?』と聞かれるくらい素晴らしい物でした。

レジュメに関しては、進学する学校のキャリアセンター(UW Foster であればMBA Career Services)に問い合わせると対応してくれるかと思います。自分の場合は出願用に使ったレジュメを提出した後、1時間程度のSkypeでの面談を経て修正作業に入りました。やはりMBA Admission に提出するものと企業に提出するものでは若干の違いがあるようで、色々とアドバイスをもらう事が出来ました。中には壮行会の申し込みの際にレジュメ提出を求める企業もあるので、進学先を決めたら早めに動いたほうがよいかと思います。

各スクールがどの程度対応してくれるかはわかりませんが、UW Foster は US News ランキングの TOP25校の中で一番就職率が高い※1だけあって、その対応は早かったように思います。

今回は壮行会についてまとめてみましたが、壮行会は企業のリクルーターや社員の方と接する事が出来る素晴らしい機会である事に加え、同期留学のMBA生との横の繋がりを広げる事が出来る貴重な機会でもあります。そういった意味でも壮行会にはできるだけ参加したほうがよいのではないかと思っています。出国してしまったらそう頻繁には会えないので、みんなが日本にいる間に是非ネットワークを広げてください。

※1 http://www.foster.washington.edu/news/Pages/FosterNewsItem.aspx?ArticleId=41456762962963
スポンサーサイト



Date: 2013.06.26 Category: 渡米前~プログラム開始まで  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。