FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

Campus Visit について

もう月次更新(それすらも危うい)レベルの更新頻度になってしまってますね。。。

さて、今年の2ndの出願もひと段落し、日本人の受験生からのキャンパスビジットの連絡が一気に増えました。1年前のこの時期はInterview invitation がもらえるかドキドキしながらInterview の練習をしていた自分が今年は受験生を迎える立場になる。不思議なものですね。

さてさて、そんな訳で今回はキャンパスビジットで自分が遭遇したもろもろを列挙してみたいと思います。私は単なるビジットとInterviewで2回渡米しているのでその経験を合わせて書いてみます。

※日本人学生には必ず連絡をとる
某校にて学校主催のイベントで丸1日潰れるので特に連絡をとらなかったんですよね。そしたら渡米してから中止になったことが判明。前日に連絡とるのも失礼過ぎるだろうと思い、キャンパスを散歩して終わりました(笑)
仮に学校主催のイベントで1日埋まっていたとしても連絡をとっておけば色々とアレンジしてもらえるので(他校は詳しくわかりませんが少なくともFosterではかなり柔軟に色々な事に対応できます)絶対にとるべきです。

それ以外でも例えば空港からの交通手段であれば在校生は何度も空港⇔学校は移動してますのでどういう交通手段が良いかは熟知してます。加えて"Why the school?"の部分で上げているような点は事前に確認しておいたりするとよいですよね。そうすればInterviewに向けた練習時間もとれますし。

※日本人学生にはこの際思いっきり甘えてしまう
やはり日本から来てもらう事はとても嬉しかったりします。自分がビジットした際にとってもよくしてもらったので(その節は本当にありがとうございました)その恩返しを次の世代へ!と思っている現役生は少なくないはず?

※西から東への移動は辛い
月~金の平日5日間で5校ビジットしましたが(笑)西の朝6時=東の朝3時なので東から入るとどんどん早起きしなきゃいけなくなります。毎日飛行機移動+初アメリカという状況でこれはマジできつかったです。
加えて時計の進みが飛行時間+時差になるので、例えばシアトルからNYに行くとすると飛行6時間+時差3時間で時計が9時間進みます。そうすると感覚的に1日潰れてしまうので残念な気持ちになりますし(逆だと6時間-3時間で時計の進みはたったの3時間!)、いくら男でも初めて降り立つ土地に夜遅くに到着というのは心細かったりします。

※行くと雰囲気はよくわかるのでやはりビジットはおススメ
当然パンフレットやネットでは拾えない情報もたくさんあります。実際に目で見て確かめると色々な事に気付きますよね。例えば図書館の雰囲気とか食堂とかは実際に入ってみないとわからなかったりします。

※クラス見学した際に自己紹介の無茶振りをされても良いように30秒くらいの自己紹介を用意しておく
エレベーターピッチという言葉を知っていれば早いのですが、要は『エレベーターで会社のエグゼクティブに偶然会った時に効果的に自分を売り込む』ための自己紹介です。
例えばビジットした際にアドミッション以外にも教授に紹介してもらったりする機会もあるでしょう。そういう場合に30秒くらいでスマートに自分の来歴、Why MBA, Why the schoolをぱっと言えるとかっこいいですし、クラスでの自己紹介を無茶振りされてもそれで切り抜けられます。

※質問を用意しておく
特にアメリカ人と話すとき用ですけど、こっちの文化なのでいっぱい質問します。つまり、こっちが訪れた際は質問がないか逆に聞かれまくります。なのである程度質問を用意していないと気まずい雰囲気になりますので十分に用意しておいたほうが良いと思います。

※ネット環境
ホテルやスタバ等では基本Wifi完備ですが、電車やタクシーでの移動中は接続できないので。これはビジット中ではありませんが、ふとGoogle Map 開いたら目的地と逆に進んでたという事がありました(笑)普段の生活ならともかく、飛行機の時間が迫ってるのに逆側行かれたらアウトです。保険の意味と在校生とのメールのやりとり用に貸出し用のWifiを手配しておくと良いかもしれません。
(どこが良いかはわかりませんがこういうイメージです)
http://overseas-mobile.com/world-wifi.html

※現地の下調べはしなくても生きて行ける
Interview 準備でそれどころではなかったのもありますが…ネットが繋がれば異国の地でもどうにかなるのだと思いました(笑)

※アドミッションに飛行機の時間があるので、としっかり伝える

本当にそれしかない場合はもちろん、それを逃すと結構遅くなる、なんていう場合でもインタビューの時間を調整してもらうようにお願いしましょう。ちょっと遠慮してしまい、かなり冷や冷やしたという経験もありました。

※在校生と食事に行く際はパスポートの携帯を
こちらではほぼ間違いなくIDの提示を求められます。ビール飲めないのは切ないですよね(笑)

※袋のインスタントみそ汁を持っていく
ピザ、ピザ、マック、クソ甘い菓子パン、ピザ…。そんな時にみそ汁があると心にしみます(笑)

何か思いついたことがあれば適宜ついかしていきますが…こんなところでしょうか?

最後に自分の学校の宣伝を…

Class visit はこちらから

在校生とのCoffee chat やその他のvisit 関連です。


スポンサーサイト



Date: 2014.01.28 Category: MBA関連その他  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

-

Date2014.01.29 (水) 02:26:04

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

Date2015.03.08 (日) 22:44:27

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。